【悲報】J1残留争い、結局予想通りの面子になってしまう

提供元

1 :豆次郎 ★:2019/04/29(月) 05:45:44.73 ID:gd910mu/9.net
4/29(月) 5:40配信
 現地時間4月28日に開催されたラ・リーガ35節で、3位のレアル・マドリーが、最下位の20位に沈むラージョ・バジェカーノと対戦した。

 開始5分、マドリーはショートコーナーからマルセロが右足で強烈なシュートを放つも、GKアルベルト・ガルシアにセーブされる。

 最初にビッグチャンスが訪れたのはラージョだった。17分、マリオ・スアレスのパスを受けたホセ・ポソがGKティボー・クルトワと1対1となるも、これは決めきれない。

 迎えた22分、左サイドからのクロスに合わせようとしたハビ・ゲラがヘスス・バジェホに倒される。一度は流されたものの、VAR判定でホームチームがPKを獲得。これをアドリアン・エンバルバが落ち着いて決めて先制する。

 チームのここ8ゴールをすべて決めているカリム・ベンゼマを故障で欠くマドリーは、なかなか決定機を作り出せない。

 38分には、そのベンゼマの代役としてCFで先発したマリアーノ・ディアスが抜け出し、ループシュートでネットを揺らすも、オフサイドで取り消しとなる。
 
 後半も守りに入らず、アグレッシブなサッカーを展開するラージョは56分、ベベが得意のミドルでゴールを脅かす。クルトワのセーブに阻まれたものの、会場を盛り上げる。

 その後もマドリーに攻撃の形を作らせず、ピンチといえば69分にガレス・ベイルが蹴ったFKぐらいだった。

 結局、虎の子の1点を守りきったラージョが1-0で勝利。降格回避に望みを繋げる勝点3を挙げ、残留争いはますます混沌した状況となった。

 一方、主砲の不在が響いたマドリーは精彩を欠き、2試合連続のノーゴールに終わっている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190429-00057854-sdigestw-socc

0件をまとめました。
最新情報はこちら