【2017秋アニメ】 注目アニメ紹介:「アイドルマスターSideM」 男性アイドルがトップ目指す 前職は… @imas_anime

提供元

1 :カイキニッショク ◆Q.7YV6dKqY カイキニッショク ★@\(^o^)/:2017/03/26(日) 15:32:44.62 ID:CAP_USER9.net
若武者プリシッチに称賛の嵐 ドノヴァン氏「僕が18歳だった頃よりはるかに上」

ISM 3/26(日) 13:37配信

ドルトムント(ドイツ)で成長を続けている米国代表MFクリスティアン・プリシッチへの称賛が止まらない。
同選手は現地時間24日(以下現地時間)に行なわれた2018年W杯北中米カリブ海最終予選・ホンジュラス戦で、
1ゴール3アシストをマークし、6対0での圧勝に大きく貢献した。

プリシッチは2015年2月からドルトムントに所属。
昨年1月30日にブンデスリーガデビューを果たすと、外国人選手として最年少でのゴールをマークした。
代表では、昨年9月のW杯予選・セントビンセント・グレナディーン諸島戦で、17歳349日という若さでランドン・ドノヴァン氏から10番を引き継ぐと、
その試合で2ゴール。
これでW杯予選における米国史上最年少での得点もマークした。

すでに代表戦12試合で4得点を挙げ、定位置を確保しているプリシッチは、米国史上最高選手と評価されるドノヴァン氏とたびたび比較されている。
そのドノヴァン氏は「僕や代表メンバーのどの選手が18歳だった頃よりも、彼ははるかに上をいくよ」と、手放しで称賛する。

ホンジュラス戦で挙げた3ゴールのうち、2ゴールをプリシッチにお膳立てしてもらったクリント・デンプシーは
「すごい選手だよ。相手と一対一になってもドリブルで突破できるし、局面を打開できる。そういう選手がチームにいてくれて最高だよ」とプリシッチを称えた。

この試合でプリシッチをCMFに配置し、攻撃の心臓として起用したブルース・アリーナ監督は、
「彼は選手としても1人の人間としても成長を続けている。まだ国際経験は浅く、選手として飛躍するためには国際舞台をもっと味わう必要があるが、
非常に優れた選手になる材料はすべて有している」とコメント。
ドノヴァン氏との比較はまだ早いとしながらも「ランドンを思い起こさせるよ」と、高く評価した。

報道陣の質問に対し、落ち着いて慎重に応じることで定評のあるプリシッチ。
同選手は「(ドノヴァンは)僕のアイドルの1人だった。(比較されるのは)本当に名誉なことだけど、僕は僕なので、
自分の成長のために挑戦を続けている」とコメント。
また、「(ドルトムントで)さらにビッグゲームを戦っていくことで、経験を積んでいける」とも語っている。

ユルゲン・クリンスマン前監督のもとW杯予選で苦戦してきた米国は、3試合を終えて現在4位と、
大陸間プレーオフを経由しなければ突破が叶わない場所にいる。
英雄とも比較される若武者に大きな期待がかかる。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170326-00000013-ism-socc

0件をまとめました。
最新情報はこちら